この記事は約 2 39 秒で読めます。

ウォーターサーバー、お水のメーカーは市場にぞくぞくと参入中で、現在選ぶのに困難を伴うほどたくさんの種類があります。それら全部を比較、検討するのはほとんど不可能、そこで主要メーカーの比較をしながら、全体の傾向と流行を探ってみましょう。

コスモウォーター

島根・静岡・大分・京都、4種類の天然水と、RO水との合計5種類の水から選ぶ楽しみがポイントです。
サーバーも7つのデザインで合計19のカラーから選べます。どれも使いやすく落ち着いたデザインで、ボトルを足元にセットする、楽々タイプもあります。

水の注文はその都度追加注文する方法で、ボトル2本から注文できます。届いたボトルはワンウェイ・タイプで送料は無料、サーバーのレンタル料も無料なので、水の代金しかかかりません。水の代金は1Lあたり約106円(RO水)~約170円(天然水)です。



フレシャス

水はほのかな甘みのある富士の天然水と、すっきりと清涼感のある木曽の天然水との2種類から選べます。
サーバーのデザインは、お子さんに大人気のアニメ「ワンピース」「プリキュア」のオリジナル・デザインをはじめ、洗練されたおシャレなデザインに統一されています。小型のサーバーを準備しているのも特徴の1つです。

水の注文は1週間から4週間までの配達周期から選べる定期便タイプです。小さめ7Lのワンウェイ・ボトル4本から注文できて、サーバー・レンタル料も水の送料も無料です。
水の代金は1Lあたり約160円~約165円です。



富士の湧水

富士山麓の地下深くから採取された、バナジウムたっぷりの天然水が特徴です。この水に全てのメッセージを込めて、自信を持って送り出しています。
サーバーは実用性の高いデザインのベーシック・タイプのみ。但し信頼性の高い日本製で、クリーニング機能や4段階の温度切り替え機能まで備えています。レンタル料が月々822円と有料なのも、高性能に対する自信の現れでしょう。

水はその都度注文する方法で、1本から注文でき送料はかかりません。水の代金は1Lあたり約140円です。



ウォーターサーバーの選び方

多数のメーカーの中から代表してほんの3社だけですが、それぞれの特徴をクローズアップしてみました。
他のメーカーも含めて検討する場合でも、基本となる情報はざっと以下の通りです。

  • 水の種類で選ぶ ⇒ 各種天然水にするか、RO水にするか
  • サーバーのデザインで選ぶ ⇒ カラフル、おシャレ、シック、ベーシックなど
  • サーバーはほとんどがレンタル無料、例外的にいくつかのメーカーのみ有料
  • サーバーとボトルの送料はほとんどが無料
  • 水の代金はRO水が1Lあたり約90円~160円、天然水が約130円~180円程度で幅がある

最終的には個人の好みで選ぶ事になると思いますが、コスト面から選ぶのであれば、月々の経費はほぼ水の代金と等しいので、水の代金を比較してみると分かり易いでしょう。
迷ったら方法はただ1つ、水を使うのが目的なので、最後は水で選ぶ事をおすすめします。

The following two tabs change content below.
管理人:木村由依

管理人:木村由依

このサイトではウォーターサーバーをできるだけお得に、コスパよく導入するために比較検討するための上手な方法を解説しているサイトです。安全でかつ衛生的においしいお水を毎日家庭で使うために、ウォーターサーバーはとっても役に立ってくれますよ♪